看護師・准看護師求人はハローワークだけじゃない!

人気の転職サイトの@口コミを見て、利用するサイトを決めましょう!

看護師・准看護師の転職!人気の情報コンテンツランキング

■看護師の転職で希望する診療科がある場合

・看護師の方が転職を行う際の希望条件のひとつに

行きたい診療科がある場合があります。しかし転職を行う上で自分が希望する診療科を選ぶというだけで落とされてしまうのではないかと考えている方も多いようです。では実際に自分の希望する診療科を告げることはマイナスになるのでしょうか。

●まずは応募条件を確認

看護師の方が転職をする際にほとんどの方は転職サイトなどを利用するのではないでしょうか。そこで転職先を探してみると、どのようなスキルを持っている看護師が歓迎されているのか、どのような診療科に配属されるのかといったことが必ず記述されているはずです。もしも複数の診療科が対象として記載されている場合だと面接などで自分の息たい診療科を述べることによってその希望したところに配属されることも珍しくありません。ですので、応募条件を確認した上で自分の希望する診療科があるのかどうか、面接を行った時にその診療科に配属されるかどうかを質問するということはとても重要なポイントとなってきます。 もしも応募条件の中に希望する診療科が書いていないにもかかわらずそこを希望してしまうとマイナスポイントとして取られてしまう場合もありますので事前に十分な確認を行っていくことが大切です。

●行きたくない診療科がある場合

・看護師の方が転職をする場合

行きたくないと思う診療科があることが考えられます。そのようなときには「この診療科には行きたくありません」といった言い方をするのではなく行きたくない診療科以外の診療科を希望するのがスムーズな転職方法だと言えるでしょう。 行きたくない診療科があると告げてしまうとネガティブな印象を相手に与えてしまいますし、過去に何かトラブルがあったのではないかと思われてしまいますので表現方法を変えて自分の希望する診療科を伝えるように心がけてみましょう。 もしも行きたくない診療科に配属されそうになった場合は辞退したり、転職サイトに用意されているコンサルタントに条件の交渉を行ってもらうなどしてみましょう。

転職する!と決めたら、必ず読んでほしい情報コンテンツ

看護師の転職について

ピックアップ情報

なぜ転職をするのか理由を明確にしましょう
求人情報を見るときにチェックすべき項目
転職前に確認しておくべき条件に関する項目
転職の際の面接で必ず聞かれることやポイント
なぜ転職先を選んだのか明確にしておきましょう

転職に失敗しないために

上手に転職するために