看護師・准看護師求人はハローワークだけじゃない!

人気の転職サイトの@口コミを見て、利用するサイトを決めましょう!

看護師・准看護師の転職!人気の情報コンテンツランキング

■看護師の転職は就業しながらと離職してからのどちらが良い?

・看護師の方が転職する際に悩むポイントのひとつに

就業しながら転職を行っていくのか、離職をしてから転職をしていたほうが良いのかというものがあります。どちらにもそれなりのメリットとデメリットが存在しており、一概にどちらを選んだほうが良いとは言えません。そこでここでは、看護師の転職において就業しながら転職を行うのと離職してから転職を行うそれぞれのメリット・デメリットについて紹介していきたいと思います。

●就業しながらの転職

看護師の方が就業しながら転職を行うメリットとしては、現場経験のブランクが生じにくいということです。現在働きながら次の転職先を探し、スムーズに転職をすることができればブランクが生じず、看護師としての勤務年数などに穴が開きにくくなります。その結果、キャリアアップなどにも繋げやすくなりますし、給料の面でも負担がかかりにくくなります。 一方のデメリットとしては、転職にかける時間に制約がかかってくること、転職先が無事に決まった場合でも退職時期が明確に決まらなかった場合現在働いている職場と転職先の両方に迷惑をかけてしまう可能性があるということが挙げられます。ですので、看護師の方が転職をする場合は転職を考えている段階で退職の医師を伝えておいた方が無難だと言えるでしょう。

●離職してからの転職

・看護師の方が離職してから転職を行うメリットとして

十分な時間をかけてリサーチを行うことができるという点があります。また、面接の日時などに制約がかからないためスムーズな転職を行いやすいというのも大きなメリットのひとつだと言えるでしょう。 一方のデメリットとしては、転職活動が長引いてしまうと現場経験にブランクが生じる可能性があるということです。場合によっては半年から1年以上時間かかってしまうことも考えられますので、できるだけ現場経験にブランクを開けたくないという方は離職してからの転職は適していないと言えるかもしれません。

転職する!と決めたら、必ず読んでほしい情報コンテンツ

看護師の転職について

ピックアップ情報

なぜ転職をするのか理由を明確にしましょう
求人情報を見るときにチェックすべき項目
転職前に確認しておくべき条件に関する項目
転職の際の面接で必ず聞かれることやポイント
なぜ転職先を選んだのか明確にしておきましょう

転職に失敗しないために

上手に転職するために